未来への取り組み -梱包袋をエコフレンドリー素材へ切り替え

未来への取り組み -梱包袋をエコフレンドリー素材へ切り替え

従来のChampion Systemでは、プラスチック素材の袋で商品を梱包して、お客様にウェアをお届けしておりました。

近年、海洋プラスチックごみ問題が地球規模で問題視され、2015年に国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)においても、環境問題への取り組みについて明記されています。とりわけプラスチックごみの削減は、世界各国で熱心に取り組まれ、関心を集めています。

このような状況下、Champion Systemでもプラスチックごみの削減は重要な課題と位置づけ、従来のプラスチック素材の梱包袋を廃止し、それに替わる素材の選定を進めて参りました。

そしてこの度、欧州の生分解性プラスチック認証機関の最大手、「TÜV Austria」の認証テストをクリアした素材の導入に成功し、当月26日お届け分の商品より、梱包袋が一新されます。

新たに切り替わった梱包袋の素材は、エコフレンドリーな生分解性素材です。プラスチックごみではなく、一般可燃ごみとして処分することが可能です。環境にも優しく、ごみ分別の手間いらず。

梱包袋の切り替えは、小さなアクションではあるものの、世界が直面する環境問題に対してChampion Systemも真摯に向き合い、取り組んで参ります。