オーダーシステム(注文数)について

チャンピオンシステムでは、「CS10(シーエステン)」と「CS5(シーエスファイブ)」という2種類のオーダーシステムを採用しております。

注文するウェアの枚数に応じて、最適なオーダーシステムを選択できます。

このページは、チャンピオンシステムのユニークなオーダーシステムに関して案内しています。もちろん、ご不明に感じた点がございましたら直接お問合せください。

お問い合わせ先

オーダーシステム(注文数)に関して、不明点やもっと知りたいといった要望などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

※電話の受付時間は、営業時間のAM9:00~PM18:00(土・日・祝祭日を除く)になります。
※お問い合わせフォームからのご連絡は、翌営業日以内に返信させていただいております。

■『CS10』アイテムを組み合わせて10着以上

CS10は、お好きなアイテムが10点揃えば注文できるオーダーシステムです。「お好きなアイテム10点」がこのオーダーシステムの「肝」です。

購入例:
Techプロジャージ4点+
Techビブショーツ4点+
Techウィンドジャケット1点+
Techウィンドベスト1点
=10点 → OK!

ロードバイクを購入して数か月、自転車仲間も出来たことだし、仲間4名でエンデューロ大会に出場してみようっていう経験が誰にでもあると思います。せっかくだからウェアを揃えようというのは自然の流れ。

肌寒い季節もライドするからと、仲間のうち2名がTechウィンドジャケットとTechウィンドベストをそれぞれ購入。仲間が数名集まれば、あっという間にアイテム10点揃ってしまいます。

ここで疑問が一つ。
「購入例では、すべてTechシリーズになっているけど、アイテムのグレードは統一する必要があるのか」

答えは「いいえ」。グレードを統一する必要はありません。なぜなら「お好きなアイテムを10点」揃えることが、CS10の唯一の条件だからです。

ある人は予算を抑えたいからTechシリーズのウェアを、またある人はレース志向で決戦用ウェアが欲しいからApexシリーズを、というように、購入者それぞれの用途、目的に応じてグレードを選べます。

ジャージはTechシリーズ、ビブショーツはPerformanceシリーズといったようにトップスとボトムでグレードを変更しても、もちろん問題ありません。

・オプションも個別に選択OK!

チャンピオンシステムは、様々なウェアオプションを用意しています。オプションについても、購入者それぞれ自由に選べます。

例えば、上記の購入例でTechプロジャージ4点、Techビブショーツ4点とありました。

  • Techプロジャージ4点のうち1点のみを袖延長に変更 → OK
  • Techビブショーツ4点のうち1点をシリコングリッパーに変更。もう1点はシリコングリッパーでグランフォンドパッドに変更。残り2点は通常仕様 → もちろんOK!

>>オプション一覧を確認する

購入者それぞれが好きなグレードで、好きな仕様に変更して注文できる。これがCS10最大の魅力となります。

極端な例ですが、1点1点異なるアイテムを組み合わせて注文することも、もちろん可能です。

なんてフレキシブルなCS10!わずらわしい制約なんてありません。CS10は、オーダーウェアをグッと身近なものにするオーダーシステムです。

 

■『CS5』アイテムを組み合わせて5着~9着までのオーダー

CS10は、お好きなアイテムが10点揃えば注文できるオーダーシステムと紹介しました。一方、CS5は「アイテム単価が上がるけど、お好きなアイテムが5点揃えば注文できるオーダーシステム」となります。

CS5は、単価は上がるが、小ロットで注文できるシステムです。CS10と商品単価を比較すると、1.5倍の価格になります。

個人でオリジナルウェアを楽しみたいという方や、10点は難しいけど、5点なら数量を揃えられる、そんなご要望に対応できるオーダーシステムです。

購入例:
Techプロジャージ1点+
Performanceショーツ1点+
APEX半袖ラントップ1点+
ランショーツ1点+
APEXエアロライトトライスーツ1点
=5点 → OK!

上記の購入例は、トライアスロンをされる方に散見される注文例です。チームには所属していないけど既製品ではなく、自分だけのオリジナルデザインのウェアを使いたければ、CS5が有効です。

スイムとバイク、ランの3種目をこなすトライアスリートは、3種目の練習が必要です。種目数が多い分、着用するウェアも増える傾向にあります。CS5なら、あっという間に数量を揃えられます。

 

■アクセサリーの取り扱いについて

チャンピオンシステムでは、キャップ、グローブ、アームウォーマーからシューカバーに至るまで、多種多様なアクセサリーを作成できます。

アクセサリー類は、最小ロット数が定められております。1つのアクセサリー系のアイテムにつき、5点から注文が可能となります。原則、CS10ないしはCS5の条件を満たした段階で、アクセサリー類を注文できます。

・レースグローブ5点 → OK!
・レースグローブ2点 + Performanceキャップ2点 + Performanceシームレスウォーマー1点 = 5点 → NG

※1アイテムで5点の数量を揃えていただく必要があります。

>>アクセサリの商品一覧を確認する

 

■『ユニットシステム』オーダー条件を満たすための飛び道具

購入例:
Performanceプロジャージ3点+
Performanceビブショーツ3点+
Techウィンドベスト3点
=9点

CS10の条件を満たすにはあと1アイテムが必要、さてどうしよう、、そんな時に活躍するのが「ユニットシステム」です。

アクセサリー5点を1ユニットとカウントして、1ユニットをジャージやビブショーツ等の商品(アクセサリー類以外)1点分としてカウントできます。

Performanceキャップ1ユニット(=5点)→ ジャージ1点分に相当します。

上記の購入例なら、Performanceキャップ5点(1点あたり¥1,400+税)を追加すれば、CS10の条件を満たせます。

ユニットシステムは、CS5の適用時でもご活用いただけます。

購入例:
Techプロジャージ2点+
Techビブショーツ2点+
シームレスウォーマー5点(1ユニット)
→ OK!

チャンピオンシステムの唯一の注文条件である「ご注文数量」の調整に一役買う、便利なユニットシステムを有効にご活躍ください。

・ユニットシステムを活用すれば、アクセサリーのみでの注文も可能

前述の通り、同一アイテム5点が1ユニットとなります。つまり10ユニットでCS10の条件を満たすことになります。

例①:
シームレスウォーマー10点(2ユニット)+
Performanceキャップ20点(4ユニット)+
ナップサック10点(2ユニット)+
レースグローブ10点(2ユニット)
=50点(10ユニット)→ OK!

上記のように様々なアクセサリー類を組合わせて10ユニット(50点)でもOKですし、下記のように1種類のアクセサリーを50点(10ユニット)購入することも可能です。

例②:
シームレスウォーマー50点(10ユニット)→ OK!

 

■料金について

チャンピオンシステムは明朗会計です。ウェブサイトに記載されている商品価格は、すべてオーダーシステムCS10を適用時のお値段です。お値段には、デザイン料と送料も含まれています。

ウェブサイトに掲載されている商品価格を合算すれば、それがそのままご注文金額となります。

金額例:
Techプロジャージ(¥7,200/着)を10点注文
¥7,200×10=¥72,000

上記のお値段に、消費税を加算した79,200円がご注文金額の総額となります。

※CS5で注文する場合、アイテムの単価はウェブサイトに記載されている商品価格の1.5倍となります。

※デザインの修正回数や、デザイン面積や色数がお値段に反映されることはございません。ご安心ください。

お問い合わせ先

オーダーシステム(注文数)に関して、不明点やもっと知りたいといった要望などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

※電話の受付時間は、営業時間のAM9:00~PM18:00(土・日・祝祭日を除く)になります。
※お問い合わせフォームからのご連絡は、翌営業日以内に返信させていただいております。