秋から厳冬期にかけてのサイクルウェアの着こなし

サイクルウェアの秋冬の着こなし

このページでは、Champion Systemがラインナップしている豊富な秋・冬用のサイクルウェアを紹介しています。

それぞれのジャケットやベスト、タイツの特徴だけでなく、秋から厳冬期までのシチュエーションごとの着こなしを解説しています。

寒い時期も自転車を楽しみたいけど、何を着れば良いのか迷っているなら、コーディネートの参考にしていただければ幸いです。

ジャケット

Techウィンドジャケット

軽量ながら防風性もある生地を採用したスタンダードグレードのジャケット。脇のベンチレーションジッパーにより、ウェア内の温度と湿度を調整できます。携行性に優れており、丸めてジャージのポケットに入れることも可能です。

このウェアを着用した着こなし例

・冬季のサイクリング1

>>商品ページを見る

Performanceインターミディエイトジャケット

内側が起毛したフリース素材を使用した保温性の高いジャケット。柔軟性が高いため着用感に優れます。初冬のアウターとしてだけでなく、厳冬期にはウィンタージャケットやウィンターベストと組み合わせやすい一着です。

このウェアを着用した着こなし例

晩秋のイージートレーニング、・冬季のサイクリング1 、・冬季のハードトレーニング 、・厳冬期のサイクリング2 、・厳冬期のイージートレーニング

※タップ/クリックでページ内の詳細へジャンプします。

>>商品ページを見る

Performanceウィンタージャケット

ウィンターシーズンに重宝する定番のアウタージャケット。高い保温性と防風性を両立しています。上下のダブルジッパーと通気性の高い生地によって、体温調整が容易に行えます。インナーレイヤーを調整することで、冬季から厳冬期までの気温帯に対応できます。

このウェアを着用した着こなし例

晩秋のイージートレーニング 、・・冬季のサイクリング2 、・・冬季のイージートレーニング 、・・厳冬期のサイクリング1

※タップ/クリックでページ内の詳細へジャンプします。

>>商品ページを見る

Apexウィンタージャケット

厳冬期での着用を想定して開発されたハイエンドウィンタージャケット。保温性だけでなく、防風性と耐水性、通気性を兼ね備えています。フィット感を高めながら、乗車姿勢の快適性を妨げない特殊なパネル形状を採用しています。最初のペダリングから体温調整を容易にします。

このウェアを着用した着こなし例

・厳冬期のサイクリング1

※タップ/クリックでページ内の詳細へジャンプします。

>>商品ページを見る

APEXウェザーガードジャージ

悪天候時のレースやトレーニングで重宝するウェア。耐水性と防風性に優れ悪天候に対応しやすく、通気性も高いので汗冷えを防止します。雨や風から体幹を保護することで、天候起因のパフォーマンス低下を抑制します。

このウェアを着用した着こなし例

・厳冬期のハードトレーニング

※タップ/クリックでページ内の詳細へジャンプします。

>>半袖の商品ページを見る

>>長袖の商品ページを見る

ベスト

Techウィンドベスト

フロントパネルに防風性の高い生地を使い、バックパネルに通気性の高いメッシュ生地を採用したスタンダードグレードのベスト。軽量生地なので携行性に優れ、サイクルジャージのポケットに収納可能。さっと着込め、肌寒い日や下り坂を通過するライドに携帯しやすい。

このウェアを着用した着こなし例

秋のハードトレーニング 、・冬季のサイクリング2 、・冬季のハードトレーニング

※タップ/クリックでページ内の詳細へジャンプします。

>>商品ページを見る

Performanceウィンドベスト

Techウィンドベストのアドバンスモデル。収納力の高い3つ口のバックポケットや上下に開閉できるダブルジッパーなど多機能なベスト。フロントパネルを防風素材とメッシュ素材の2層構造にすることで保温性を高めています。ジャケットだと暑そうだけど、ジャージだけだと心細い季節の変わり目に重宝します。

このウェアを着用した着こなし例

・秋のイージートレーニング1 、・・秋のイージートレーニング2 、・・晩秋のハードトレーニング

※タップ/クリックでページ内の詳細へジャンプします。

>>商品ページを見る

Performanceウィンターベスト

保温性の高い生地を使用したウィンターシーズン用のベスト。Performanceウィンドベストと同様に3つ口バックポケットとダブルジッパーを搭載。ウェア外側に防風性の高い素材、内側に温かいフリース素材を使用することで冬場のライドを快適にします。携行性も高くウェアのバックポケットに収納可能。ジャケットの上にアウターレイヤーとして携帯したい一着です。

このウェアを着用した着こなし例

・厳冬期のイージートレーニング

※タップ/クリックでページ内の詳細へジャンプします。

>>商品ページを見る

その他の秋と冬に適したトップス

Tech長袖ジャージ

Champion SystemのスタンダードモデルであるTechジャージの長袖バージョン。価格を抑えつつ、サイクルジャージの必要な基本性能を十分に備えています。ジャケット類と比較して保温性は高くありませんが、秋にベストと組み合わせたり、冬季のインナーとして着用したりと活用できます。

このウェアを着用した着こなし例

・秋のイージートレーニング1

※タップ/クリックでページ内の詳細へジャンプします。

>>商品ページを見る

Apexウィンドジャケット

高性能防水浸透素材eVentファブリックを前面に採用した完全防水のウィンドジャケット。雨天専用のウェアです。防水機能と透湿機能を兼ね備えており、雨を防ぎながら、ウェア内部の汗を外へ逃します。夏場や秋はジャージの上に羽織ったり、冬場はインターミディエイトジャケットなどをインナーレイヤーにしたりすることで、幅広い季節で活躍します。

>>商品ページを見る

Apexウィンドベスト

高性能防水浸透素材eVentファブリックを前面に採用した完全防水のウィンドベスト。雨天専用のウェアで体幹を雨から守ることに特化しています。雨天時のレースやハードトレーニングでの着用に適しています。

>>商品ページを見る

ウィンタービブタイツ

Performanceウィンタービブタイツ

足首までを起毛したフリース生地でカバーしたウィンターシーズンに定番のビブタイツ。裾に配したジーパーによって着脱が容易になっています。ショーツやニッカーよりカバーする範囲が大きく、高い保温性が特徴です。

このウェアを着用した着こなし例

・晩秋のサイクリング 、・・冬季のサイクリング1 、・・冬季のイージートレーニング

※タップ/クリックでページ内の詳細へジャンプします。

>>商品ページを見る

Apexウィンタービブタイツ

ウェアの外側に防風性と耐水性に優れる生地を採用したハイエンドビブタイツ。内側には保温性に優れるフリース素材を使用しています。厳冬期のコンディションで最高のライダーの最高のパフォーマンスを引き出す一着です。

このウェアを着用した着こなし例

・厳冬期のサイクリング1 、・・厳冬期のサイクリング2 、・・厳冬期のイージートレーニング

※タップ/クリックでページ内の詳細へジャンプします。

>>商品ページを見る

その他の秋と冬に適したボトムス

Performanceウィンタービブショーツ

太もも部分にフリースファブリックを採用した保温性の高い冬季用ビブショーツ。タイツと違い、ヒザ下が露出しているので、PerformanceニーウォーマーやPerformanceレッグウォーマーを併用でき、秋から厳冬期まで幅広い期間で着用できます。

このウェアを着用した着こなし例

・晩秋のイージートレーニング 、・・冬季のハードトレーニング 、・・厳冬期のハードトレーニング

※タップ/クリックでページ内の詳細へジャンプします。

>>商品ページを見る

Performanceウィンタービブニッカー(3/4)

保温性の高いフリース生地がヒザ下まで覆うビブニッカー。ヒザ下までを生地がカバーしているので、冬季に冷やしたくない膝周りの保護に適しています。タイツより足首周りが自由になり、ペダリングをスムーズに行える傾向にあります。

このウェアを着用した着こなし例

・冬季のサイクリング2

※タップ/クリックでページ内の詳細へジャンプします。

>>商品ページを見る

秋から厳冬期にかけてのシチュエーションごとの着こなしとは

サイクルウェアの冬の着こなし

秋(9月中旬)から厳冬期(2月下旬)にかけてのライディングのシチュエーション(運動強度)ごとの着こなしを紹介していきます。シチューションは、「サイクリング」「イージートレーニング」「ハードトレーニング」の3つに別れています。

サイクリング
カフェライドやポタリング、自転車通勤など、フィットネスやトレーニングに主眼を置かないシチュエーションです。仲間とお喋りしつつ、景色を楽しみながら走行できる程度の運動強度を想定しています。外気の影響を抑え、快適にライドができるウェアリングが求められます。
イージートレーニング
週末のライドを中心に自転車競技を楽しむホビーライダーや、フィットネストレーニングの一貫として、サイクリングを行う競技者のトレーニングを想定しています。ライド中、常に身体から熱が発生するので、程よく熱をウェア内に保ちながら、且つ動きやすさを両立させるウェアリングが求められます。
ハードトレーニング
自転車競技をシリアスに取り組む、エリートライダー層のトレーニングを想定しています。高い運動強度でのサイクリングは、大量の熱が身体から発せられます。防寒や保温性能は必要最小限に留め、動きやすさやとオーバーヒートし過ぎないウェアリングが要求されます。

下記でそれぞれの季節に応じたシチュエーションごとの着こなしを解説しています。各季節の温度は、東京近郊の平均気温で算出しています。地域によって、寒暖の違いがあるはずです。着こなしでは、温度も掲載しています。ご自身の環境にあった温度帯のコーディネートを参照していただければと思います。

秋のシチュエーションごとにおすすめの着こなし

9月中旬~11月中旬における首都圏の気候を想定しています。日中の気温帯は15℃~25℃程度、朝晩は肌寒さを感じることがあるものの、日中は暖かく過ごしやすくサイクリングに適したシーズンです。

薄手で携行性に優れたアウターやアクセサリーの使用をオススメしています。

秋のサイクリング

※画像は タップ/クリック で拡大します。

朝晩肌寒く感じることがある秋のシーズン。そんな環境下でサイクリングするときはTechウィンドジャケットが重宝します。薄手で防風性に優れたTechウィンドジャケットを半袖ジャージの上から羽織って風をシャットダウン。

脇の下にベンチレーション用のジッパーが付いているので走行中でも体温調整が可能。日中暖かくなったら、折りたたんでバックポケットに収納、携行性にも優れています。

足回りが寒く感じたらPerformanceニーウォーマーを装着。ウィンターフリースファブリックを採用しており、大腿、膝、ふくらはぎをしっかり保温します。

ウォーマーの上部にはシリコングリッパーが装着されており、ビブショーツをホールドすることでずり下がることはありません。気候の変動に合わせて、着脱を容易に行えるのもPerformanceニーウォーマーのメリットです。

秋のイージートレーニング その1

※画像は タップ/クリック で拡大します。

着用アイテム

秋のトレーニングシーンでは、Tech長袖ジャージとPerformanceウィンドベストの組み合わせがオススメです。長袖ジャージを着用することで、前腕の冷えを防止します。

Tech長袖ジャージに採用されているテックファブリックは、UPF50+と紫外線対策に効果的、日焼けによる疲労を予防します。

アウターレイヤーにはPerformanceウィンドベストをチョイス。フロントパネルは、メッシュファブリックとウィンドガードファブリックの2レイヤーで構成されており、体幹をしっかり保温します。

Performanceウィンドベストはダブルジッパーを採用しており、トレーニング中に身体が熱くなったらジッパーの開閉で体温調整が可能です。ウェア背面には大容量の3つ口ポケットを装備。補給食はもちろん、レインウェアやレッグウォーマーなど、その日の天候に応じて、携行するアイテムの選択肢を広げてくれます。

秋のイージートレーニング その2

※画像は タップ/クリック で拡大します。

着用アイテム

秋のトレーニングシーンでオススメの組み合わせである、Tech長袖ジャージとPerformanceウィンドベスト。Tech長袖ジャージではなく、半袖ジャージとTechアームクーラーに置き換えても同等のパフォーマンスを得られます。

Techアームクーラーは長袖ジャージで使用されているテックファブリックと同様にUPF50+を有し、紫外線によるトラブルを防ぎます。上腕部分の裏側にはシリコンバンドが装着されており、腕を圧迫することなく、しっかりホールド。ずり下がりを防ぎます。

Techアームクーラーの利点は、着脱の容易さが挙げられます。トレーニングに熱が入ったり、想定以上に気温が上昇したりしたら、すぐに外してPerformanceウィンドベストのバックポケットに収納。対応できる気温帯の幅を広げることができます。

秋のハードトレーニング

※画像は タップ/クリック で拡大します。

着用アイテム

秋のシーズン、本格的なトレーニングをする際にオススメの組み合わせは半袖ジャージ、Techアームクーラー、Techウィンドベストの3点セットです。

秋は朝晩寒いこともあれば、一転して日中は夏のような気候になることもあり、ウェアリングが難しい季節でもあります。TechウィンドベストとTechアームクーラーはそれぞれ、着脱が容易である利点があります。

峠をアタックするときはTechウィンドベストとTechクーラーをジャージのポケットに収納、ダウンヒルの際に再び装着して体幹と腕部の冷えを防止といった要領で、気候の変化やトレーニング強度、内容に応じて、サイクリング中でも自由自在にウェアリングの調整ができる組み合わせとなります。

ベストとクーラーは薄手の素材のため、畳めば手のひらサイズに収まり、ポケット1口に余裕を持って収納することができます。

晩秋のシチュエーションごとにおすすめの着こなし

10月下旬~11月下旬における首都圏の気候を想定しています。日中の気温帯は10℃~20℃程度、冬本番の一歩手前、日によってはキリッとした寒さを感じることもあるシーズンです。

朝晩寒暖差が激しいこともあるので、体温調整のし易いウェアリングが大切です。

晩秋のサイクリング

※画像は タップ/クリック で拡大します。

冬目前の気温が一桁台に達することもある晩秋のシーズン、日によっては日中も気温が上がらず寒々しいことが想定されます。

そんなシチュエーションではPerformanceウィンタージャケットとPerformanceウィンタービブタイツの組み合わせがオススメです。

軽量でありながら、防風性と保温性を両立したウェザーガードファブリックを採用したウィンタージャケットが寒気の侵入を防ぎ、ウェア内を常に温かい状態に保ちます。

Performanceウィンタービブタイツは、寒くなってきたらヘビーユース間違いなしの1品。肩紐以外はウィンターフリースファブリックが採用されており、脚はもちろんのこと、お腹周りの冷えを防止します。

上記の組み合わせに+α、ネックウォーマーやヘッドバンドとして使用可能なシームレスウォーマーと、インターミディエイトグローブのセットアップもオススメです。

晩秋のイージートレーニング

※画像は タップ/クリック で拡大します。

晩秋のトレーニングシーンでは、Performanceインターミディエイトジャケットが活躍します。身体を十分に保温しつつも、適度に風がウェア内を抜けるため、過度のヒートアップを防ぎます。ジャージ同様に大容量の3つ口ポケットと防水ジッパーを有し、使い勝手の良さもあわせ持ちます。

ビブショーツはPerformanceウィンタービブショーツをセットアップ。Performanceインターミディエイトジャケットと同じウィンターフリースファブリックを採用しており腰回りや大腿を冷やすことなく、トレーニングに集中することができます。

足元の寒さを解消するならフリースシューズカバーとPerformanceニーウォーマーもあわせて装着。冷えやすいつま先や関節周りを保護することでケガ予防にも繋がります。

晩秋のハードトレーニング

※画像は タップ/クリック で拡大します。

10℃を下回るような冬のような寒い天候下でも、高い運動強度でトレーニングを行えば大量の熱や汗を発します。

晩秋のシーズンにハードワークをするときは、半袖ジャージ、Performanceアームウォーマー、Performanceウィンドベストの組み合わせがオススメです。

着脱容易なPerformanceアームウォーマーとPerformanceウィンドベストは、天候や体温の変動に対応しやすいという特徴があります。

Performanceアームウォーマーはウィンターフリースファブリックが採用されており、保温性十分。トレーニング中に暑くなったら取り外してPerformanceウィンドベストのバックポケットに収納します。

Performanceウィンドベストはダブルジッパーが採用されているため、ベストを脱がずともジッパーの開閉で体温調整が可能。ハードトレーニングに適した組み合わせです。

首元の保温が必要なら+αでシームレスウォーマー。適度に首元を温め、必要に応じてヘッドバンドやバラクラバに形状を変えてご使用いただけます。

冬期のシチュエーションごとにおすすめの着こなし

12月上旬~12月下旬における首都圏の気候を想定しています。日中の気温帯は5℃~15℃程度、快適にサイクリングをするためには、防寒対策をする必要があるシーズンです。

シチュエーションを想定して、ジャケットやベスト、ビブタイツ等、Champion Systemが誇る豊富なラインアップの中から自分に適した組み合わせを選択しましょう。

冬季のサイクリング その1

※画像は タップ/クリック で拡大します。

寒いときは氷点下近くまで気温が下がり、サイクリングも億劫になりがちな冬季シーズン。そんなシーズンでもサイクリングを快適にするウェアリングがPerformanceインターミディエイトジャケットをインナーレイヤーに、Techウィンドジャケットをアウターレイヤーで着用する組み合わせです。

温かいウィンターフリースファブリックを採用したPerformanceインターミディエイトジャケットで身体を保温して、Techウィンドジャケットで防風性能をさらに高めます。

日中想定以上に暖かくなっても大丈夫、脇下にあるベンチレーションで体温調整を、もしくはTechウィンドジャケットを折りたたみ、ポケットに収納することが可能です。

ビブショーツはPerformanceウィンタービブタイツをセットアップ。肌の露出を排除して保温性をキープします。

冬季のサイクリング その2

※画像は タップ/クリック で拡大します。

冬季シーズンの鉄板アイテムPerformanceウィンタージャケット。インナーウェアの調整で10℃前後の気温ならこの1枚で対応可能です。

ですが寒さがより一層厳しいときは、Performanceウィンタージャケットの上からTechウィンドベストを羽織るウェアリングがオススメです。

体幹部分の防寒と防風性を向上させることで気温一桁台の気候でも対応できます。たためば手のひらサイズになるので、ウィンタージャケットのバックポケットにもすっぽり収まります。

Techウィンドベストは冬季シーズン以外にも、様々なシーンで携行しておけばいざという時に重宝するアイテムです。

足元の寒さはあまり気にならないというサイクリストには、Performanceウィンタービブニッカーも選択の候補に上がります。

ウィンターフリースファブリックが膝下までを覆い大腿を保温します。足首周りがフリーになるので、ペダリングがしやすいメリットもあります。

冬季のイージートレーニング

※画像は タップ/クリック で拡大します。

気温が一桁台に達することもある冬季には、PerformanceウィンタージャケットとPerformanceウィンタービブタイツの組み合わせがオススメです。

軽量でありながら、防風性と保温性を両立したウェザーガードファブリックを採用したウィンタージャケットが寒気の侵入を防ぎ、ウェア内を常に温かい状態に保ちます。

Performanceウィンタービブタイツは、寒くなってきたらヘビーユース間違いなしの1品。肩紐以外はウィンターフリースファブリックが採用されており、脚はもちろんのこと、お腹周りの冷えを防止します。

上記の組み合わせに+α、ネックウォーマーやヘッドバンドとして使用可能なシームレスウォーマーと、インターミディエイトグローブのセットアップもオススメです。

冬季のハードトレーニング

※画像は タップ/クリック で拡大します。

冬季シーズンのハードトレーニングには、PerformanceインターミディエイトジャケットとTechウィンドベストの組み合わせがオススメです。

Performanceインターミディエイトジャケットで身体の熱をキープしつつ、体幹部分はTechウィンドベストで保温性と防風性をプラス。気温一桁台であっても薄っすらと汗ばむ程度の組み合わせです。暑くなったらTechウィンドベストはジャケットのバックポケットに収納可能です。

ボトムは、PerformanceウィンタービブショーツとTechレッグクーラーをチョイスしました。Techレッグクーラーが肌の露出を無くして防寒へ貢献しています。トレーニングで身体が暑くなったら取り外すことで、Techウィンドベスト同様にジャケットのポケットへ収納できます。

TechウィンドベストとTechレッグクーラーを使用することで、気温や体温ともに幅広いレンジで対応することを可能にします。

厳冬期のシチュエーションごとにおすすめの着こなし

12月下旬~2月下旬における首都圏の気候を想定しています。日中の気温は0℃~10℃程度、日によっては氷点下を下回ることもあり、年間を通じてもっとも寒さが厳しいシーズンです。

寒さを忘れさせててくれるような防寒機能の強いアイテムをチョイスして、真冬のライドも楽しみましょう。

厳冬期のサイクリング その1

※画像は タップ/クリック で拡大します。

着用アイテム

気温はほとんど一桁台、氷点下を下回ることもあり、場合によっては小雪ちらつく厳冬期。そんな過酷な環境下でのサイクリングを想定されて開発されたアイテムが、ApexウィンタージャケットとApexウィンタービブタイツです。

どちらもChampion Systemの最高峰アイテムとなっており、厳冬期であっても快適なサイクリングをサポートしてくれます。

ジャケットに使用される高性能のウィンターシールドファブリックは防風、耐水性に優れ、さらに透湿性能にも優れており、凍てつくような冷たい外気から身体を守り汗冷えも防止します。

ApexウィンタービブタイツもApexウィンタージャケットと同じ素材を使用しており、厳しい環境下で着用することを想定して開発しています。インナーウェアを調整すれば、Apexウィンタージャケットを羽織るだけで厳冬期を乗り越えられます。

重ね着不要、スマートでスタイリッシュなシルエットが約束されます。

厳冬期のサイクリング その2

※画像は タップ/クリック で拡大します。

Performanceインターミディエイトジャケットをインナーレイヤーに、Performanceウィンタージャケットをアウターにするコーディネートは、Apexウィンタージャケットに匹敵する保温力を実現します。

Performanceインターミディエイトジャケットが身体を温め、Performanceウィンタージャケットがその熱を外部に逃がすことなく保温します。Performanceウィンタージャケットは手首が絞られた作りになっており、外気をシャットアウト。手首周りの冷えを軽減してハンドリングに支障をきたすこともありません。

厳冬期のイージトレーニング

※画像は タップ/クリック で拡大します。

厳冬期のトレーニングには、PerformanceインターミディエイトジャケットとPerformanceウィンターベストの組み合わせがオススメです。

Performanceインターミディエイトジャケットで身体の熱をキープしつつ、体幹部分はPerformanceウィンタージャケットと同じ素材で作らえたPerformanceウィンターベストで保温性と防風性をプラスします。

Performanceウィンターベストは保温性に優れていることはもちろん、優れた携行性も両立しており、他のベストと同様にバックポケットに収納可能なサイズまで折りたたむことができます。

ビブショーツはApexウィンタービブタイツをチョイスしました。高性能のウィンターシールドファブリックによりどのような天候にも対応します。Apex ウィンタービブタイツは、ビブストラップ部分もウィンターシールドファブリックが採用されており、体幹の保温に一役買う働きをします。

厳冬期のハードトレーニング

※画像は タップ/クリック で拡大します。

厳冬期において高強度トレーニングをする際、Apex半袖ウェザーガードジャージとPerformanceアームウォーマーの組み合わせがオススメです。

プロサイクリングチームに所属するライダーも実践するこの組み合わせ、悪天候の中でこそ威力を発揮するApexウェザーガードジャージの実力を体感できます。通気性、防風性、耐水性を兼ね備えており、雨風の侵入を防ぎウェア内を適度な温度にキープします。

腕部はPerformanceアームウォーマーで暖かさをキープ。ミニマムな組み合わせでありながら、厳しい環境で走ることを可能にします。

ビブショーツはPerformanceウィンタービブショーツとPerformanceレッグウォーマーをチョイス。Performanceウィンタービブタイツと同程度の暖かさを実現します。トレーニングで身体が暑くなったら取り外し、ジャケットのポケットへ収納。Performanceレッグウォーマーを使用することで、気温と体温ともに幅広いレンジで対応することを可能にします。

秋から厳冬期にかけてのサイクルウェアの着こなし

秋から厳冬期にかけてのシチュエーションごとのコーディネートを紹介していきました。紹介したのは、あくまで例です。この通りでないといけないわけでは、決してありません。

ライダーによって、体質もシチューションも異なりますし、地域によって温度や風量なども異なります。最高のパフォーマンスを発揮できるコーディネートを探すのもサイクリングの楽しみですね。

お問い合わせ先

着こなしやウェアの詳細に関して、不明点やもっと知りたいといった要望などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

※電話の受付時間は、営業時間のAM9:00~PM18:00(土・日・祝祭日を除く)になります。
※お問い合わせフォームからのご連絡は、翌営業日以内に返信させていただいております。