サイクリングで最も有名な黄色いジャージの話:特別寄稿シリーズ【Wardrobe1/4】

Wardrobe -

サイクリングで最も有名な黄色いジャージの話:特別寄稿シリーズ【Wardrobe1/4】

サイクルジャーナリストのSteve Thomasによるサイクルウェアに関する特別寄稿の記事です。全4回のうち第1回目は、ツール・ド・フランス優勝におけるイエロージャージの発生からタデイ・ポガチャルまで、レースのリーダージャージにまつわる100年の物語を紐解きます。

UAEチームエミレーツのライダーであるタデイ・ポガチャルが2020年ツール・ド・フランスの最終戦で切望していたイエロージャージを手にしたとき、彼はそこにいるすべてのレーサーの生涯の夢を叶えました。

21歳のスロベニア人は、母国初の優勝者となり、史上2番目に若いツールチャンピオンとなった(最年少はアンリ・コルネが1904年に19歳で優勝)。ポガチャルは、レース最終ステージの登りタイムトライアルで、同胞であり親友でもあるプリモス・ログリッチを追い抜き、レースのトップに立ちました。

ツール・ド・フランスが始まった1903年当時は、ロードスタースタイルのシングルスピードバイクを使った、耐久戦のような長さのレースが行われていました。当時はレースリーダーを黄色のジャージではなく、緑色の腕章で識別していました。

イエロージャージが正式にレースに導入されたのは1919年(1913年にも授与されたと言われています)になってからです。当時のレースディレクターでスポーツジャーナリストのアンリ・デグランジュによって、与えられました。ジャーナリストがレースの途中でレースリーダーを識別するのが困難になったため、デグランジュはリーダージャージ(黄色のジャージ)のアイデアを思いつきました。

リーダージャージの色は、レースのスポンサーであるL'Auto-Velo新聞のイエローページと同じ色であったために選ばれたと広く信じられています。ですが一部の噂では、ジャージメーカーが短期間で入手できる唯一のウールの色であったとも言われています(イエローが不評だったため)。

それ以来、黄色のジャージは自転車競技で最も重要なウェアとみなされています。今では世界中のステージレースでレースリーダーを識別する色になりました。

1931年にジロ・デ・イタリアの主催者は、スポンサーであるガゼッタ・デッロ・スポルト紙のページカラーを模したピンクのリーダーズジャージを作成しました。

1933年のブエルタ・ア・エスパーニャでは、オレンジ色(理由は不明)のリーダージャージが登場しましたが、その後も様々な色の組み合わせを経て、2010年に赤に落ち着きます。赤色が選択された理由は、メインスポンサーであるフランスのスーパーマーケットチェーンのカルフール(彼らのロゴは赤、白、青で、ブエルタのジャージの色と同じ)であることによると考えられています。

イエロージャージを導入した初期のころの選手たちは、大胆な黄色のジャージを着ることを嫌がりました。イエロージャージを着ていると、敵に狙われることになるからです。1919年に初めて公式にこのジャージを着用したのはフランス人のユージン・クリストフで、彼は「カナリアのように見える」「愚かに見える」と不満を漏らしていました。

今日では、レースの先頭に立ったライダーには、最初に表彰台用のジャージが贈呈されます。このジャージは後ろで固定されており、レースキットの上からでも簡単に着ることができます。

 

ツール・ド・フランスでは、通常、各クラスのリーダーに毎日3つのリーダーズジャージが与えられます。ポガチャルは黄色と白、ポルカドットのジャージと最終ステージの表彰台用のジャージをそれぞれ3つずつ持ち歩いたことになります。

 

緑のポイントジャージは1953年に初めて登場し、1975年には白の新人賞ジャージとともに赤い水玉模様の山岳賞ジャージが登場しました。

大規模なステージレースでは、リーダーのジャージは事前に十分に準備されており、各日ごとに様々なサイズが用意されています。大規模チームは通常、レースに独自のジャージアートワークを持参しますが、それは一般的にウェアスポンサー(UAEのChampion System)から提供されています。小規模なレースでは、ジャージスポンサーがチームのためにこのアートワークを提供することがよくあります。

ライダーがリーダー・ジャージの着用を断ることもありますが(リーダー・ジャージを着用していた他のライダーの不幸が原因で)、公式のウェアを着用することが義務づけられています。そのため、ライダーは普段のレースに着慣れていないウェアでレースに臨むことが多くなります。

プロレーサーの多くは「レーススーツ」を着用しています。効果的に体にフィットするように設計されており、ロードレース用のテクニカルなスキンスーツです。トレーニング中は、ビブショートとジャージの組み合わせを選ぶ傾向があり、レースリーダーのジャージを着用しているときも同様です。

初期のレースジャージは、通常のウールから作られボタンで止める襟とフロントにポケットが装着され、現在のハイテクレースジャージとはかけ離れたものでした。現代のレース用ジャージやスーツは、さらに10年前のものと比較しても技術が大きく進歩しています。

空力性能や吸汗速乾性だけでなく、もちろん快適さにも大きな注意が払われています。ライダーの体は風の抵抗の主な要因であるため、ライダーが最新かつ最高のものを自由に使えるようにすることが重要です。

プロのライダーが着用するレーススーツのトップには、2つのリアポケットがあります。レーススーツは、ペダルの回転によって消費されるワット(パワー)を節約するため、風洞テストによって生地の配分と縫い目のラインを最適化しています。

UAEチームエミレーツのようなワールドツアーチーム(29名のライダーを擁する)は、通常、年間約5,000着(ソックス、グローブなどを含む)のウェアが支給されます。年間3回の季節ごとに分けて支給されています。ライダーは事前に測定され、フィッティングされ、どのようなキットを使用するかも選択されます。

ワールドツアーチームのプロライダーの極端な要求とフィードバックが、私たちの毎日のライディングで着用しているウェアに直接反映されています。