Apexエアロトライスーツのアップデートに関するお知らせ

Apexエアロトライスーツのアップデートに関するお知らせ

ロングディスタンスのレースを想定して開発された「Apexエアロトライスーツ
近年トレンドである2in1タイプのワンピース形状を採用した、トライアスロン用、袖付きワンピースウェアです。

世界各国のトライアスリートに愛用されており、トライアスロンウェアのラインアップで不動の人気を誇る「Apexエアロトライスーツ」がこの度、アップデートされます。


使用するファブリックをマイナーチェンジ。着用感・パフォーマンスが向上。


販売から数年が経過したApexエアロトライスーツ、これまでに多くのトライアスリートが使用し、世界各国からフィードバックを集積してきました。
更なるパフォーマンス向上を図るため、使用する素材が下記の通り変更されます。

・胴体背面パネル:Swiftファブリック→Vale liteファブリック



新素材「Vale liteファブリック」が背面パネルへ新たに採用されます。
規則的に埋め込まれた溝が特徴的なVale liteファブリック。2020東京オリンピックの自転車種目で金メダルを獲得するために組織された「エアロプロジェクト」の一環で開発されたValeファブリックを軽量化したモデルです。

Vale liteファブリックを背面パネルへ採用することで、エアロダイナミクスを最大限に高めます。バイクパートにおいてその恩恵を受けることができます。



・ショルダー&サイドパネル:Techメッシュファブリック→Ozoneファブリック



肩と胴体のサイド部分のファブリックがOzoneファブリックへ変更されます。
ハイエンドサイクルジャージ「Apexプロジャージ」と「Apexエアロジャージ」と同じファブリック構成にすることで、心地良い着用感が実現されます。
また、Ozoneファブリックは大き目の気孔が規則的にレイアウトされており、水捌けの良さと通気性の高さも持ち合わせます。



Apexエアロトライスーツのアップデートは、8月29日(月)のご注文分から適用されます。
なお、商品価格は据え置き¥30,580(税込)です。


Apexエアロトライスーツの詳細はこちら