ラスターデータとベクターデータ

デザインを入稿して頂く際に、覚えておくと便利なラスター画像とベクター画像について説明していきたいと思います。

知っておくだけで、デザインの入稿がとてもスムーズになります。

難しい事は良く分からない!画像でのデザインはちょっとっと思う方は、もちろん画像でのデザイン入稿でなく、手書きでの入稿でも大丈夫です。
しかし、知っていれば、デザインの幅も広がりますし、非常に便利なものなのでご説明させて頂きます。

 

グラフィックのソフトウェアーには大きく分けて、PAINT(ペイント)系ソフトウェアー(ラスター画像)、Draw(ドロー)系ソフトウェアー(ベクター画像)の2種類のソフトウェアがあります。それぞれ扱う画像形式が異なる為、用途に応じて使い分けると便利です。

PAINT(ペイント)系ソフトウェアーで有名なのは、【Photoshop】

こちらのソフトウェアーはメインではデジタルの画像の色の調整や、加工をするソフトウェアですが、絵を描いたり。Wedページ用の画像を加工するなど、さまざまな用途に用いられています。もちろん、デザインを作る事も出来ます。

しかし、ペイント系のソフトウェアーは、ラスター画像という非常に小さな四角(ピクセル)の集まりで出来ている為、拡大するとその色のついたピクセルが見えて来てしまう為、写真などを拡大すると奇麗な線は出来ずぼやけてしまいます。

縮小すると情報が失われる場合もあり、拡大、縮小には適しません。
その他に拡大すると、絵のデザインですと曲線や斜め線の部分に、ピクセルが見えてしまい、階段のようにぎざぎざしたものが見えてきてしまいます。

ラスター画像はピクセル四角の集合で画像が出来ているため、滑らかな線を書くことはできませんが、ピクセル四角に濃淡を付けることができますので、筆に絵の具をつけて紙に書いた時に出来るにじむような表現が出来ます。

 

Draw(ドロー)系ソフトウェアーで有名なのは、【IIIustrator】

こちらのソフトウェアーは点と点の位置を数値で示し、その中間をソフトウェアーが解析して描きます。点で描いた画像をベクター画像と言います。

点で描いて居る為拡大、縮小が自由自在です。ベクトル画像は描いた画像を簡単に動かす事ができ、ベクター画像では点を動かして位置を動かすと、動かした位置によってソフトウェアーが再計算し画像を書き直してくれるのです。

なので、文字のデザインの取り扱いに大変優れています。

しかし、ベクター画像に出来ないことは、上記にラスター画像のように筆で描いたような効果やドロップシャドウなどのぼやけた陰影を付けることは出来ません。写真のような色合いの複雑な画像を作成するのも苦手です。

当社では、後者のDraw系ソフトウェアーを使いお客様が入稿していただいたデザインを、ベクター画像に戻す作業をします。

ですので、お客様からベクトル画像でデザインを入稿して頂くと、ほぼ入稿して頂いたデザインのままジャージーにプリント出来ます。

当社のデザインのテンプレートにデザインを書き換える為、少し見た目が変わることがございますが、デザイン自体はもともと点で描かれている為、文字や絵を書き換えることはしません。
ラスター画像で頂くよりも、比較的早くデザインが完成するメリットもあります。

 

当社ではPhotoshopなどで書いたラスター画像でも入稿いただけますが、ベクター画像に戻す作業をする為ラスター画像でも小さな画像は読み取りづらく、大きな画像データを再度ご入稿頂く場合がございます。

ですので、デザイン作成にお時間がかかる場合が多くございます。
会社やチームのロゴなどは正確なデータが必要になりますので、ベクター画像での入稿をお願いしています。

上記にも書いてありますが、ラスターの場合せっかく頂いたロゴのデザインがピクセルによってぼやけてしまうのです。
もし、画像でデザインを作る際は、ベクター画像でのデザイン作成をオススメ致します。

 

 

Draw系ソフトウェアーの紹介

Adobe Illustrator , Corel DRAW , Free Hand など
形式 : ※EPS(.eps), PDF(.pdf) , AI(.ai)